大切なご家族を交通事故で亡くされた(ご家族が死亡事故にあわれた)皆様へ

当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。

まず、交通事故により愛する家族を亡くされた皆様には心よりお悔やみ申し上げます。

それまで元気に生活されていた方が、何の前触れもなく、本当に突然お亡くなりになるわけですから、残されたご家族の皆様の悲しみは、簡単に言葉では言い表せないものです。

自動車は私たちの日常生活に深く根付いており、私たちの生活を豊かにしてくれるツールであることは間違いありません。しかしながら、同時に、尊い人の命をも一瞬で奪い去ってしまうものであることも事実です。私たちはそのことを決して忘れてはいけません。

死亡事故は、自動車技術の向上や道路整備が進み、年々減少傾向にあります。それでも、平成28年は、死亡事故により3904人の尊い命が失われました。

こうした死亡事故に対して、遺族の皆様に適切な補償がなされているかというと現実は決してそうではありません。

実際に、死亡事故により家族を失った遺族の方からご相談をお受けすると、保険会社から提示されている内容が、専門家である弁護士から見て不十分であると感じることがほとんどです。しかしながら、それが分かったとしても、遺族の方が直接自分たちで保険会社と交渉しても、残念ながら結果が変わるケースは少ないです。適切な補償を受けるためには、やはり、弁護士の力が必要なのです。

デイライト法律事務所では、交通事故を専門的に取り扱う「人身障害チーム」を設置し、年間300件を超える交通事故被害者の皆様のご相談をお受けしており、外部の機関からも表彰されるなど、交通事故分野では、福岡でも屈指の弁護士事務所です当事務所の特長はこちらをご覧ください。)。

人身障害チームに所属する弁護士と元損害保険会社に勤務し、死亡事故など重大案件を取り扱った経験のあるスタッフが連携し、交通事故により命を失われたご本人の痛みや苦しみ、残された遺族の皆様の悲しみや今後の生活に対する最大限の補償を受けられるようサポートさせていただいております。

ご家族が死亡事故にあわれてしまった皆様はまずは、交通事故の専門家であるデイライト法律事務所の弁護士にご相談ください。

弁護士等紹介はこちら

福岡の死亡事故の現状(平成28年)

平成28年の福岡市内の死亡事故の発生状況は以下のとおりです。

福岡市内全体では前年と同じく31人の方が交通事故で命を失っています。全国的には死亡事故件数は大幅に減少傾向ですが、福岡市内では減少していないということがわかります。

地域死者数前年比
福岡市東区6人+3人
福岡市博多区7人+2人
福岡市中央区3人+1人
福岡市南区5人+1人
福岡市西区3人−3人
福岡市城南区0人−5人
福岡市早良区7人+1人